講義CD・DVDも重要!

ラーメンの基本は麺とスープです。 同様に、通信講座の基本は、テキストと講義メディアです。

いいテキストを一流の講師が解説することによって、テキストの持ち味を引き出します。

では、良い講義メディアとは何か?

1) 通信講座専用に収録されたものであること。

通学講座を収録したものの場合、
・前回の復習・今日の復習など、講義の重複が多く、ムダ。
・携帯電話の着信音などの雑音が入る。
・講師が黒板に書いているのを写すのが手間。
・カメラが教室の天井につけられているので、講師の目がカメラ目線になることがないので、臨場感に欠ける。
などの難点があります。

ですから、通信講座専用に収録されたものがオススメです。

2) メデイア媒体はCDかDVD

カセットテープやビデオテープだと
・置いておくのにかさばる。
・視聴したいところの頭出しができない。
・デッキにテープがからまる場合がある。
などの難点があります。

ですから、CDまたはDVDなどの媒体がオススメです。

このような観点から、専用スタジオで講義収録をしているフォーサイトがオススメです。
なお、ユーキャンは講義メディアがついていませんので、テキストからの学習となります。これだと独学とあまり変わりません。

copyright c 2009